Skip to content

「生涯現役、若々しく生きるという事」運営事務局

人気のイビサクリーム、その有効成分をチェック!

黒ずむ対策クリームの代名詞「イビサクリーム」。

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ対策クリームとして脱毛サロンがリリースした商品です。

 

人気に見合った実力がある商品なのか徹底分析していきたいと思います。

 

イビサクリームの有効成分を見てみよう!

イビサクリームの有効成分は大きく2つです。

  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸ジカリウム

 

まずトラネキサム酸ですが、こちらはメラニンの生成を抑制してくれる成分です。有名な美白クリームには大体配合されています。

次にグリチルリチン酸ジカリウムですが、こちらはお肌の炎症を抑えてくれる効果がある成分です。

同じく有名な美白クリームによく配合されています。

ただ、この2成分を含んでいると商品となると限られてきます。

コストパフォーマンスを考えても優秀な商品と評価できます。

 

さらに、トラネキサム酸は資生堂からリリースされている「HAKU」という美白美容液に配合されており、資生堂が特許を取得している成分です。

時が流れ、この成分が各社使用できるようになった事で一気に広がりました。

 

成分からみても人気が出る理由がわかります。

 

イビサクリームの効果について考えてみましょう

次にイビサクリームの効果について考えてみたいと思います。

炎症ケアとメラニン生成抑止のアプローチは良いでしょう。

また、その他の成分からも保湿力にも期待ができます。

 

ある程度の黒ずみに対応してくれる事が期待できます。

また、デリケートゾーンへの使用を想定していますから、各部位への使用も問題ないでしょう。

この汎用性は魅力的と言えます。

 

脱毛が流行れば流行るほどの黒ずみに悩む方の数も増えるでしょう。

イビサクリームは脱毛サロンが開発した商品ですから、最も効果が期待できるのは脱毛後の黒ずみケアと言えるでしょう。

 

ただし成分的にも決して安いアイテムではありませんから、キャンペーンなどを利用して少しでもお安く手に入れたいですね。

参考サイトのリンクは以下となります。

 

 

【Ibiza】イビサクリーム | 通販最安値リサーチ

レジスタントプロテインの研究結果を調査

まずは、以下を読んで欲しい。

腸内でもはや消化不能であるタンパク質自体またはタンパク質の残存物は、食物繊維と同様の生理学的機能を発揮する耐性タンパク質とも呼ばれ、健康にも優れている。

 

近年、レジスタントプロテインに起因する顕著な機能が、いくつかのタンパク質性の項目に関して徐々に明らかになっている。

最近の研究により、関連する成分が植物タンパク質の単離物または濃縮物中に凝縮されるか、または調製プロセスにおける変性および/または絡み合いの結果として因果的にもたらされることが明らかになった。

 

哺乳類の消化酵素に対して本質的に感受性でないタンパク質成分もまた、それらの供給源に関係なく食生活の場合には耐性タンパク質群に属する。

これまでに動物実験で指摘されているいくつかのレジスタントプロテインの薬効の中には、高コレステロール血症、便秘、肥満、腫瘍形成(結腸、肝臓、乳腺)、胆石の形成または中毒に対する短期作用の腸内発酵の健全な改善、連鎖脂肪酸。

 

レジスタントプロテインのラットによる研究結果報告1

 

レジスタントプロテインは、動物研究でも効果効能が証明されてきている。

動物研究は、耐性澱粉(RS)の摂取が大腸全体の短鎖脂肪酸(SCFAs)の産生を増加させることを結論づけている。

しかしながら、RSの発酵産物は、他の食物成分によってかなり影響を受ける可能性がある。唯一のタンパク質源としてカゼインを含む20%高アミロースコーンスターチ(HAS)を与えたラットでは、通常のコーンスターチ食餌を与えたラットと比較して、より大きな盲腸SCFA産生が観察された。

 

しかし、この食餌では、コハク酸盲腸の産生も非常に高かった。

 

対照的に、カゼインの代わりに低消化性の米またはジャガイモタンパク質を使用した場合、コハク酸盲腸の生成は、酪酸の付随的な増加と共に減少した。

 

これらの所見は、非消化タンパク質、すなわちレジスタントプロテインが、盲腸細菌の発酵基質としての炭水化物と窒素の比の不均衡を補正し、酪酸生成を促進する役割を果たすかもしれないことを示唆している。

 

疫学的および生化学的データは、デンプン(特にブチレート)の発酵生成物と、結腸直腸癌および潰瘍性大腸炎の予防との間の可能な連鎖を示す。従って、大腸の生理に及ぼすSCFAの潜在的に有益な効果を明らかにするために、SCFA産生に有利なRSの発酵戦略を確立すべきである。

 

高脂肪食を与えたラットにおける耐性タンパク質、セリシンの消費は、糞便免疫グロブリンA、ムチンおよび盲腸の有機酸を上昇させる。

我々は以前に、レジスタントプロテインセリシンの消費がげっ歯類における大腸腫瘍形成、便秘、および血清TGを減少させることを報告した。

 

レジスタントプロテインのラットによる研究結果報告2

本研究は、高脂肪(HF)食餌を与えたラットの腸管内環境に対する食物セリシンの効果を明らかにするために行った。ラットには、Bombix moriの繭から精製されたタンパク質であるセリシン40g / kgの有無にかかわらず、300または50g / kgの牛脂を3週間給餌した。

 

IgA(腸の免疫機能の指標)、ムチン(バリア機能の指標)、有機酸、微生物叢、および二次胆汁酸を含む腸管内の変数を測定した。

食餌セリシンは、HF食餌群(3倍、P <0.05)では糞便IgAを著しく上昇させたが、低脂肪(LF)食餌群では上昇しなかった。糞便ムチンレベルは、HF食群ではセリシン摂取により上昇した(P <0.05)。

 

アセテート、プロピオネート、n-ブチレート、およびコハク酸塩を含む盲腸の有機酸は、LF食餌群と比較してHF食餌群において有意に低かった。

食餌セリシンは、HF食餌群では盲腸酢酸塩およびn-酪酸塩を有意に上昇させたが、LF食餌群では上昇しなかった。

 

LF飼料と比較して、HF食は、未処理群で血清TGを有意に増加させたが、セリシンを摂取した群では有意に増加しなかった。

HF食は、低密度リポタンパク質(VLDL + IDL + LDL)コレステロールを増加させ、セリシン摂取により減少した(P <0.05)。血清TGと酢酸盲腸との間に逆相関があった(スピアマン順位相関係数= -0.63; P <0.001)。

 

盲腸消化管および糞便二次胆汁酸(結腸癌の危険因子)における微生物叢のプロファイルは、HF食とセリシン群のHF食とで差異がなかった。これらの結果は、HF食を与えたラットにおいて、腸の免疫およびバリア機能および発酵を調節することによって、セリシンが結腸の健康に及ぼす新規かつ好ましい効果を示唆している。

 

 

レジスタントプロテインが今後発展し、我々にとって身近な存在になる可能性が高い。

しかしながら、酒粕や蕎麦、凍豆腐などが日々の食事に取り入れられるかというと些か疑問が残るのも事実。

現実的にこれを経口摂取となった場合は、やはりサプリメントといった手段が妥当ではないかと考えています。

 

既に日本国内でも注目のレジスタントプロテイン。

サプリメントも多数販売されています。

 

比較検討し、有効と思われるものをチョイスしきましょう。

参考サイトを以下に記しておきます。

 

 

今話題のレジスタントプロテイン配合の酒粕サプリを徹底調査!

若く見られる為に必要な美肌を「卵殻膜」で手にいれよう!

若く見られる条件。

私的には絶対に「美肌」だと思うんです。

もっと言うと肌のハリです。

 

ハリのあり肌は透明感が高く、明るい印象があります。

特に顔の皮膚は薄いので、間違ったケアをしていると取り返しのつかない事になります。

肌の保湿は永遠の課題であり、マストケアです。

 

ただし、保湿の為に肌の上にあれこれ乗せていても仕方ないんです。

もっとも重要なのは、内側から保湿し、肌にハリを持たせる事です。

その為には浸透性が高く、且つ肌に馴染む美容液が必要です。

 

ここは間違ったケアにすると、脂っこい肌になったりしますね。

するとその皮脂が酸化してお肌の環境を悪化させます。

汚肌になりたくなければ、保湿を怠ってはいけません。

実際に白くてスベスベな肌をしていると結構モテますよね。

逆に美人でも、肌が汚いと残念な結果になります。

 

究極のお肌環境は卵殻膜で構築しよう

ご存知ですか、「卵殻膜」。

卵由来のたんぱく質で、肌のハリをサポートしてくれるということで爆発的な人気を得ています。

お風呂上りに肌に馴染ませるだけという事で、今のスキンケアに対し手軽に手厚さをプラスできるんです。

もう、絶対賛成です。

 

やはり良いと思っていても手間もコストもかかりますよね。

ここが落とし穴なんですけど、やっぱり効果を実感出来ないと続かないんですよね。

でも人間の細胞は三ヶ月以上時間を要さないと大きな変化は起こりません。

だからこそ継続が必要なんです。

結局美肌を手にした成功者は継続出来ている方ばかりなんですよね。

 

それがお金の力であっても、涙ぐましい努力であっても。

継続された事で効果を得たのが事実ですよね。

 

卵殻膜も例外ではなく、大きな変化を感じるのは少々時間が必要です。

ただ、小さな変化をすぐに実感出来るという事で人気が出ています。

実際に口コミを見ていても共通して肌のハリが違うという声が多数ありました。

 

そうなると、先々自分の肌が綺麗になっていく事がイメージしやすいので、継続もしやすいわけです。

ある意味成功パターンかなと。

結果が出る前にあれこれと手を伸ばして結局中途半端というのが一番時間とお金を失うパターンかと思います。

 

口コミの評価が高い事も安心の材料ですかね。

小さな効果でモチベーションを維持しつつ、継続。

三ヶ月後の美肌をイメージしてトライしましょう!!

 

卵殻膜の先駆け「ビューティーオープナーオイル」がオススメですよ。

口コミサイトを載せておきますので、興味のある方は是非。

 

ビューティーオープナー | 効果的な使い方と口コミから見えた本音とは?